スタッフブログ

総額で判断! §ヒラショー§ 

平山奨悟 ヒラショー 自己紹介へ

絶好調さまです!! 家づくりコンシェルジュのヒラショーです♪

今日で、5月も最終日を迎えました。 徐々に梅雨入りしている地域も増えてきましたし、来週ぐらいにはこのあたりも梅雨入りかなヽ(´▽`)/

さて、今日は家づくりにおいてとても大事な資金についてお話をします。 以前もブログで載せましたが、家づくりにはいろいろなところで様々な費用がかかってきます。 土地の金額、建物の金額だけでなく、仲介手数料や登記費用、銀行の諸費用等たくさんの費用がかかります。

更に、土地の価格の土地の状況によっては浄化槽や水道の取込工事、地盤改良。 建物の坪単価に含まれていないもの等様々です。

だからこそ、予算を出すときは「総額」で出すようにしてください。

土地1000万円、建物2500万円=3500万円ではなく、それ以外の費用がいくらかかるのか、総額で判断してください。

金額の中に何が入っていて何が入っていないのか。必ず確認をするようにしてください。 特に建物の価格は要注意です。 坪単価を比較の対象として使うことが多いかと思いますが、実は坪単価には明確なルールがなく、何を入れても何を入れなくても自由に決まることができるんです。 例えば照明やカーテン、網戸や2階のトイレ、バルコニー等入れても入れなくても自由です。また、建物の外の水道や排水などの費用も坪単価に入っているケースと入っていないケースがあります。

なので、一概に坪いくらで比較するのではなく、総額でいくらになるのかで比較をするようにしてください。 何を使ってどこまで入っていくらなのか。必ず聞くようにしてください。

後から聞いていなかった費用が出てきて、希望予算の通りに出来なかったということがないようにしてください。

家づくりは一生を左右する大事な事です。 予算、資金計画は念入りに行いましょう!



記事一覧

1ページ (全26ページ中)

ページトップへ