スタッフブログ

贈与税 相続税 §ヒラショー§ 

平山奨悟 ヒラショー 自己紹介へ

絶好調さまです!! 家づくりコンシェルジュのヒラショーです♪

家づくりを進めるにあたって、ご両親、祖父母から援助を受けるという方も少なくありません。 しかし、援助を受けるということは贈与にあたってしまうので、贈与税が発生してしまいます。 援助=贈与と知らずに贈与税の申告をせず、後日判明し贈与税を支払うことになったと言うケースもよく聞きます。 

援助・贈与があった時は必ず申告をするようにしてください。 また、家づくりでの援助は一定金額まで非課税となる優遇措置もあります。援助を受ける際は、この優遇措置を上手に使いながら家づくりを勧めましょう! 

ちなみに今現在700万円までは非課税となります。(長期優良住宅なら1200万円) ただし申告が必要なので、利用する方は内容を確認した上で申告をするようにしてくださいね。

そうそう、贈与税の非課税だけでなく相続時精算課税という制度を利用して贈与税対策をされる方もいらっしゃいますが、相続時精算課税を利用する場合、内容をしっかりと確認してくださいね。 利用したことで損することもありますのでΣ(゚д゚;)

相続時精算課税制度は2500万円まで贈与しても税金がかからないというものですが、これは、贈与税はかからなくても、将来相続税がかかるものです。しかも一度、相続時精算課税制度を利用してしまうと、毎年非課税となる基礎控除額110万円が利用できなくなります。

贈与税対策も内容をしっかりと理解して利用しないと、「こんなはずではなかった」ということになってしまいます。 一生に一度の家づくり しっかりと学び後悔のない家づくりをしましょう!!



記事一覧

1ページ (全32ページ中)

ページトップへ